上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
Bad PackBad Pack
Diemonds

Universal Import 2012-10-02
売り上げランキング : 215450

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

カナダはトロント産ダイアモンズ、フルレングスデビュー作。80'sリバイバルというべくハード且つエネルギッシュに決めたロックンロールに目新しさこそないものの、女がめっぽう強いという現代を象徴するかのようなオッパイ丸出し風の紅一点、ペリーヤ・パンダ嬢を最大の持ち味としたグラマラスロックは是非ライブで拝み倒したいところ。尚、日本盤にはガンズ&ローゼス「Nightrain」のカバ-が収録されているようです。

1. Take On The Night
2. Lil' Miss
3. Loud N' Nasty
4. Get The Fuck Outta Here
5. The Bad Pack
6. Overboard
7. Left For Dead
8. Livin Tonight
9. Trick Or Treat
10. Mystery
スポンサーサイト

2013.06.13 
We Can Never Die Vol.2We Can Never Die Vol.2
Vains Of Jenna

RLS/RNR Records 2012-01-17
Sales Rank : 140967

See details at Amazon
by G-Tools

Vains Of Jenna最終章。前作カバー集で見せた哀愁たっぷりの世界観をそのまま反映した「We Can Never Die」という鬼キャッチーな楽曲を含むも、Remix+アコースティックという彼らにしては不本意な内容であり、Lizzyという稀代のヴォーカリストを失い、まったく別のバンドになりながらもVOJを名乗ったにしては、あっさりと解散してしまったのは残念極まりない。個人的には、Jesseの狙った感ありありの歌唱法と、どことなくラファエル・ナダル似(エスパニョーラ系?)のルックスがポイント高かったんだけどね。

1. We Can Never Die
2. Everybody Loves You When You're Dead (2010 Mix)
3. Better Off Alone (2010 Mix)
4. The Art Of Telling Lies (2010 Mix)
5. We Can Never Die (Long Play)
6. Better Off Alone (2010 Mix)
7. Josephine
8. Hey Now
9. Fuck You
10. She's Not There
11. Jam Jam

2012.08.05 
Reverse TrippedReverse Tripped
Vains of Jenna

Cleopatra 2011-04-05
売り上げランキング : 185834

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Lizzy Devine脱退に伴い、アメリカ人シンガー、Jesse Forteを迎えての新生VOJ、全編カバー作品。スリーズロックバンドらしからぬ、とのお叱りは当然として、誰もがそれとわかる超有名どころが自身のルーツであるかも不明。だが、元々バンドが持つ哀感と、Jesseのしわがれ声がノスタルジックに響く為か、あの名リフを一度も弾かない「Smoke On The Water」などグッときたりホッとしたりで、程よく泣かせてくれるのです。

1. F**k You [Explicit]
2. Electric Avenue
3. Get Back
4. Smoke On The Water
5. She's Not There
6. California Dreaming
7. Goodbye Yellow Brick Road
8. Mississippi Queen
9. The Letter
10. Blowin' In The Wind
11. I'd Love To Change The World
12. Hey Hey, My My
13. Wish You Were Here
14. The Sound Of Silence
15. Forget You

2012.07.24 
The Art of Telling LiesThe Art of Telling Lies
Vains Of Jenna

RLS REcords 2009-08-17
Sales Rank : 21617

See details at Amazon
by G-Tools

いよいよその全貌をあらわにした2009年、2nd。生々しくも切ないLizzy DeVineの歌声を生かしたソングライティング。切れ味抜群、スラッシュライクなギターを核としたバンドサウンド。それらが生み出す得体の知れぬ興奮は、まさしく、AFDが持ち得たそれであり、ぶち込んだすべてが膨張したかのようなエネルギーはもはや感動でしかなく、それこそロックンロールと呼ぶに相応しい。'00年代に落ちてきた一つの奇跡!どう?匂ってきた?

1. Everybody Loves You When You're Dead
2. Mind Pollution
3. Refugee
4. I Belong To Yesterday
5. Paper Heart
6. Get It On
7. Enemy In Me
8. Better Off Alone
9. I Don't Care
10. The Art Of Telling Lies

Mind Pollution

2012.07.20 
The DemosThe Demos
Vains Of Jenna

RLS REcords 2009-04-27
Sales Rank : 21750

See details at Amazon
by G-Tools

スウェーデン産、スリージー・ハードなヴェインズ・オブ・ジェナ、デビュー作以前、2005年レコーディングのデモ音源。ギルビー・クラークがプロデュースした「Nightrain」風なT5をはじめ、初期ガンズもカバーした「Jumping Jack Flash」を自らも取り上げるなど、どこまでもガンズライクに務める作風などどうでもいいとして、ここ数年、いや10年遡っても見当たらない、この"素材"を愛でていただければ、自ずと答えは出るかと。当然マストです。

1. Intro.
2. A.S.A.D.
3. Heartbreak Suicide *
4. Jumping Jack Flash
5. Kick It *
6. One Last Pleasure
7. Hard to Be Vain (Demo Version)
8. Baby's Got A Secret (Demo Version)

A.S.A.D.

2012.07.16 
Lit Up/Let DownLit Up/Let Down
Vains of Jenna

Outlook Music 2006-10-24
売り上げランキング : 339036

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

別に茶化すわけでもなく、"リアルロックンロール"としてのガンズに対するリスペクト、チンピラ風情そのままの、やさぐれボーカルを持ち味としたハード仕立てのロックンロールはただただかっこよく、デビュー作ならではの、本能を剥き出しにしたサウンドがたまらない魅力を放っている。ガンズ=AFDという同志の方、是非。

1. Don't Give A Damn
2. Ceased Emotions
3. Hard To Be Vain
4. Lit Up/Let Down
5. Get On The Ride
6. Baby's Got A Secret
7. Noone's Gonna Do It For You
8. Set It Off
9. Noone's Gonna Do It For You (Acoustic)
10. Set It Off (Acoustic)

2012.07.13 
Wildstreet II Fasterlouder!Wildstreet II Fasterlouder!
Wildstreet

CD Baby 2011-04-12
売り上げランキング : 362911

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

男前vo.Eric Jayk率いるワイルドストリート、2011年、5曲入りEP。王道ハードロックからシフトしたロックンロール寄りのグラマラスサウンドと、持ち前のキャッチーさで花開いたT2はもとより、小気味よく躍動するFastチューンが、前作で感じた物足りなさを払拭させてくれた好盤。最新シングル「Easy Does It」と合わせてどうぞ。

1. Shake It
2. Poison Kiss
3. Hot Lixx
4. Cocked and Ready
5. Can’t Stop the Rock

2012.06.20 
WildstreetWildstreet
Wildstreet

CD Baby 2011-11-29
売り上げランキング : 665167

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ハリウッドなイメージに反したN.Y.出身のハードロックバンド、2009年、デビュー作。のっけのデフレパードライクなコーラスから伺い知れるThat's80'sというべき王道サウンドと、そこに乗っかるフェロモン全開なvo.のクールなことと言ったらなく、キャッチーなメロは勿論、インスト、アコースティックを織り交ぜる等、高いポテンシャルを秘めたバンド。T8は言わずもがな、Mott The Hoopleの名曲カバー。

1. Wanna Get It On
2. Hard On You
3. For So Long
4. Soldier Of Love
5. Midnight Gypsy
6. Open Up Your Eyes
7. The Fist of Fury
8. All the Young Dudes
9. Soldier of Love (Acoustic)

2012.06.19 
Rock És A RollRock És A Roll
Bang Bang

EDGE Records (HMR Music Kft.) 2010-05-20
Sales Rank :

See details at Amazon
by G-Tools

2010年、ハンガリー産スリーズロックバンド、1st。これでもかと振り撒く哀愁とゴリゴリのHRギターで前のめり気味に疾走するT2、T8をはじめとし、こなれた演奏と見事なソングライティングは痛快この上なく、ハンガリー語の性質なのか、伸びる語尾がメロの印象を似通わせるという点はあるものの、彼らから英語圏における日本語ロックの立ち位置なんかを想像してみてもおもろいかも?w 今後英語でやってほしいな。是非!

1. Intro
2. Ébredj fel
3. Percek
4. Nem
5. Értsd meg
6. Ez nem az a hely
7. Ne engedj el
8. Lüktet a fejem
9. Méreg ★★★
10. Minden rendben
11. Tedd amit érzel
12. Bang Bang

Méreg

2012.06.11 
babyborderlineMisguided Youth(2010)
Baby Borderline
are:
J.J. - Guitars
Louis Howard - Vocals
Matty Clements - Bass
Seann Bewey - Drums
Mitch Malone - Guitars


1. Misguided Youth
2. Don't Come Easy
3. B.L.O.W.
4. Fade Away
5. S.O.B.
6. Nuffin' To Say
7. Gimmie The Keys
8. Change

私事で恐縮ですが、本作を持って取り上げた作品が300に到達しました。継続は力なりと言いますが、あれ、嘘ですねw ま、今度とも宜しくってことで、英産、Baby Borderlineのご紹介。80年代HR/HMシーンを現代に継承すべく数多のスリーズロック系バンドにおいて、モトリーでもハノイでもなく、あのすべてを"センスのみ"で成り立たせたデビュー当時のファスター・プッシーキャットを彷彿とさせる、文字通りSleazyを地で行くバンド。単なるガンズ崩れだろ?等のやっかみは聞こえてきそうですが、多くの突っ込みどころは既に愛しく、故に引っかからない方にとってはゴミ以下の危険性は無視してアグレッシブに薦めてみるw 是非。


Nuffin' to Say


Misguided Youth

2012.05.31 
Stick It OutStick It Out
Stick It Out

Stick It Out 2008-05-28
Sales Rank : 541074

See details at Amazon
by G-Tools

イタリア産スリージー・ロックバンド、Stick It Out、2008年1st。北欧疾走系の影響が垣間見えるハイエナジーな演奏、高低差を駆使するセバスチャン・バックよろしくなヴォーカル。それら、"ダサ"かっこいいかどうかはお任せするとして、ダムド、ファスター・プッシーキャット、日本でダウンロードできるデッド・ボーイズの名曲カバーとなれば、そりゃあ、ほっとくわけにはいかないわけで...くれぐれも、NC、NR、24時間以内に連絡の取れる方のみお願いしますw

1. Marry the Swine
2. Dogs' Friday Nite
3. Sgt. Lizzie
4. Jack the Bastard (Faster Pussycat cover)
5. Slippin' Away
6. I Wanna Be a Parasite Too
7. Neat Neat Neat (The Damned cover)
8. Stop Teasin' Me
9. Soakin' Wet Skin
10. Touch
11. You S.U.C.K.
12. Wooden Spoon

Jack the Bastard

2012.05.09 
Doin You NastyDoin You Nasty
Babylon Bombs

Locomotive Spain 2008-07-15
売り上げランキング : 679197

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

北欧スリージー・ロックバンド2007年、2nd。売れ線バンドのそれっぽいT5をはじめとし、即効性抜群のメロを持ったわかりやすさは面白みに欠けるといえばそれまでだが、タカトシ風に「真面目か!!?」と突っ込んでいただけるとこれ幸いで、大きく外れることなどない健康優良体的なバンドであり作品。「ガリガリ君はソーダ味」というあなたに是非。

1. Jaded Heart
2. Louder
3. Crack of Dawn
4. Let It Loose
5. Hometown Hero
6. Slip Away
7. Starstruck
8. Drop the Bomb
9. Gotta Move On
10. Proud
11. White Trash Beauty
12. Moonshinebeat

2011.11.04 
Crystal PistolCrystal Pistol
Crystal Pistol

Bad Reptua 2007-05-08
売り上げランキング : 614914

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

カナダ産バッドボーイズな5人組み、2005年、1st。キャッチーなメロとツインギターでぶちかますパンキッシュでグラマラスなロックン・ロールは、"ファスター・プッシーキャットMeetsセックス・ピストルズ"(!?)の異名を持つほどで、スウェディッシュ系等に見られるいかがわしさこそ気薄だが、AC/DCライクな「Rockstar」を始めとするバラエティーに富んだ楽曲群は抜群のセンスと持ち前の"ガッツ"を存分に見せつけてくれてます。T1、T7等、頭の中でテイミーとシンクロしてみても面白いはずw ★★★です!

01. Watch You Bleed
02. Rockstar
03. Locomotive
04. Line It Up
05. Salt Of The Earth
06. XXIII
07. Shake
08. All The Freaks
09. Live Fast
10. Teenage Parasite
11. No Fun City

2011.10.21 
ラザー・ダイ・ザン・リヴィン・イン・バウンダリーズラザー・ダイ・ザン・リヴィン・イン・バウンダリーズ
ポンペイ・ナイツ

SPINNING 2011-08-24
売り上げランキング : 94314

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スウェーデン産新人ハードロックバンド、マーティン・スウィート(Crashdiet)をプロデュースに迎えたデビュー作。平均年齢20歳にしては堅実な演奏と、日本人好みの歌謡チックなソングライティングを持ち味としているものの、単にちょっと懐かしい今時のバンド、の域を出ているとは思えず、その他、"ポンペイ・ナイツ"と"ハノイ・ロックス"ってなんか似てね?とだけ言っておくとして、下記リンクにて思わず"ぎゅっと"されちゃった方は是非お買い求めくださいw

Pompei Nights - I Want It (YouTube)

01. Midnight Mistress
02. Shaded
03. I Want It ★★★
04. Out Of Bounds
05. Mistreated
06. She's Stuck
07. Leave It All Up
08. High On Adrenaline
09. The Scene Is Set
10. Painful Heartbeat
11. City Of Blinding Lights

2011.10.13 
イット・イズ・ソー.~白夜のロックン・ローラーイット・イズ・ソー.~白夜のロックン・ローラー
スタラ&ソー.

キングレコード 2011-08-24
売り上げランキング : 58398

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

キャッチコピー「白夜のロックンロラー」が示す、"キャッチー"で"哀愁"漂うフィンランド産グラム系バンド、満を持しての日本デビュー盤。怪獣バンドLordiのドラム、KitaことStalaヴォーカルで立ち上げた"So"が前身。イントロのセンスの無さは置いとくとして、十分に練りこまれた楽曲、際立つメロは持っており、L.A.メタルをはじめとする80年代の華やかさを現代に継承していることも含め、ノスタルジックに引っかかってくれるかと。ハノイ好きなら、とかオレには言えんけどw、メロディックなロック好きは是非。

01. The Show By So.(intro)
02. Got To Believe
03. One Nite Stand
04. She
05. (Won't Let You)Down Agasin
06. Pamela
07. Bye Bye
08. Shout
09. My Happy Day
10. Woman
11. Spring Romance
12. Everything For Money
13. E Major(instrumental)
14. Hot Blooded
15. Back On The Road

2011.10.04 
Jesse & The 8th Street KidzJesse & The 8th Street Kidz
Jesse Camp

Hollywood Records 1999-09-04
売り上げランキング : 172239

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

MTVの人気VJ、ジェシー・キャンプ、1999年、デビュー作。Bubble+ジョー・ドッグがソングライティング、演奏と全面的に参加しており、あのリック・ニールセン、ティム・ピアース、更にはスティーヴィー・ニックスをも従えた演奏面の充実振り、それこそ本作を手にした理由ではあるし、そんな兵を前に下手くそながらも懸命にメロをなぞるジェシーのお子様っぷりはカワイイんだが、で、お兄ちゃん一体何者なんだい?っていう空気は全編通しで漂っていますのでご購入の際はご注意下さいw

01. See You Around
02. Break It
03. Let's Get It On
04. Summertime Squatters
05. So Down
06. I Want You And I Need You
07. Crazy For You
08. Hey Hey Hey
09. Griftin'
10. Here By My Side
11. Sloppy Kisses
12. 6,000 Miles Away (Bubble cover)
13. Saviour (with Stevie Nicks & Sharon Celani)
14. Wasted Youth

2011.09.30 
rockets&volcanoesrockets&volcanoes
バブル

インディペンデントレーベル 2001-11-23
売り上げランキング : 980368

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ベースにタッド・ケリーを迎えた新生3ピースBubble、2001年、2nd。バンドの個性という点では前作が上回るものの、単純にそして明快にロックするという姿勢は好感が持てるし、キャッチーさに磨きをかけたストレートなポップロックは、非武装ながらこなれた演奏により軽やかに疾走。カーペンターズのカバーT6、女パンクロッカー、テキサス・テリとのデュエットであるT10等、ざらついたギターサウンドと、肩ひじの力の抜けたシェアの歌声が艶やかに、そしてしなやかにロックする力作。T4、T11のリードギターはジョー・ドッグ(これが泣けるんだわw)。

01. Days Like These
02. Super Psycho
03. Artificial Schizophrenia
04. Idle Feel Of Fame
05. Naked
06. Superstar
07. Easier
08. Sunshine
09. Black Hole
10. If I Had A Dick (Duet W Texas Terri)
11. Angels

2011.09.28 
How Bout ThisHow Bout This
Bubble

Basement Boy Records 2000-01-01
売り上げランキング : 532858

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Subcool改めBubble、2000年デビュー作。シェア・ペダーセン(ex.Vixen)、バンバン(Dogs D'amour)、(リリース時は)ブレント・マスカット、エリック・ステイシー(ex.ファスタープッシキャット)により結成。決して上記3バンドによる夢のようなマッチメイクというわけではないが、少なからず名のある者達の個性を生かしたバリエーション豊かな楽曲陣は、シェアの素なのか狙ってんだがよくわからなかったりのヴォーカルを筆頭に毒々しい雰囲気を醸し出している辺りは流石というべきか。目玉はジョン・レノンの名が冠されたコンテストのグランプリ曲「Sparkle Star」。しかし全16曲とは往生際が悪いw 構成的にもT10「6000 Miles」で大団円!かとw

01. Shake
02. Don't Talk to Me
03. Independently Wasted
04. All I Want
05. Cheap Advice
06. Sex Sells
07. Sparkle Star
08. Drug
09. Goin' Down For U
10. 6000 Miles
11. Eye
12. Baby Lately
13. Slut Motorchopper
14. Kickin' Walls
15. Castle On the Hill
16. Lullaby

2011.09.15 
Pinkdolls2009年
PINK DOLLS
「Dirty Jewels」

Welder Shane: Lead vocals
Ti Glam: guitars & backing vocals
T-Böne: drums & backing vocals
Ricke Gala: bass & backing vocals

なんと、ブラジル産SleazyGlamな4人組、ピンク・ドールズ!遅すぎたL.A.メタル、ヴィンスそっくりな歌い回し、あのモトリー・ライクなPretty Boy Floydにも通じるパーティーロックバンド。仮にも"Dolls"と名乗るんだからさ・・と、ケチつけてはみるものの、この'10年代に存在してるってだけで嬉しくなってしまうし、つまりは嫌いじゃないんだよね、この手のお下劣バンドって(*^ー^)

無料ダウンロードはこちら
PINK DOLLS official

01. The Sinisters Pink Dolls and the World of R.R.R.
02. Substances
03. Black Jack
04. Samantha
05. Horror Show (The Monster Is You)
06. Sleaze, Drunk, Rock & Roll

2011.06.19 
Damned NationDamned Nation
Jetboy

MCA 1990-08-07
売り上げランキング : 338559

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

90年、2nd。前作同様、得意とするポップなメロを重視した曲の親しみやすさは変わらずだが、厚みを増し、スピードではなく腰に来る"グルーヴィーなバンドサウンド"という狙いは窺い知れるものの、単なるテク不足なのか上手く伝わってこないもどかしさはあり、同時に、線の細い印象もあったミッキー・フィンの歌声が、伸びのあるワイルドな歌声へと成長を遂げ、ところどころAC/DCやエアロスミスっぽさを覗かせるも、結局、モトリーとどう違うの?という残念な結果となっている。ただ、あるかどうかも分からない"らしさ"を明確にできない力量はさて置き、至って普通がいいじゃん?ってこともあるわけで、惜しい作りではあるし、そんな時こそこのバンドをお薦めしたい。

01. Stomp It (Down To The Bricks)
02. Moonlight
03. Groove Tube
04. Heavy Chevy
05. Too Late
06. Evil
07. Trouble Comes
08. Bullfrog Pond
09. Ready To Rumble
10. Rock N' Roller
11. Jam
12. Suicidal Shakedown

2008.09.03 
Feel the ShakeFeel the Shake
Jetboy

Mca 1990-10-25
売り上げランキング : 367014

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

L.A.クラブシーン出身、スリージーなグラムバンド、88年、1st。熱烈なラブコールを送り、見事ベースに元ハノイのサム・ヤッファを獲得、そして自身のルーツであるジューダス・プリーストを手がけたトム・アロムをプロデュースに迎えることに成功。デビュー目前にしてレーベルから首を切られるハプニングもなんのその、出来上がった音は、ジューダスでもハノイでもなく、メタルでもなくR&Rでもない、モヒカン頭というキャラも立ちそうで立たないという、どっちつかずのB級丸出し感が逆に良いと言えば良く、考えて聴く音楽ではないのは勿論、個性というよりは"それっぽい"というだけでデビュー出来た時代背景はあるとしても、無駄にキャッチーな曲が書けるというだけでも聴く価値はある。T2なんて良く出来たPop/Rockなんだけどね。

01. Feel The Shake
02. Make Some Noise
03. Bad Disease
04. Fire In My Heart
05. Hometown Blues
06. Locked In A Cage
07. Talkin'
08. Hard Climb
09. Bloodstone
10. Snakebite

2008.09.01 
Fallen AngelsIn Loving Memory
Fallen Angels

Knox (vo,g,key)
Matt Kellett (g)
Marc Duncan (b)
Richard Wernham (ds)
Nasty Suicide,Andy McCoy (additional guitar)

86年、KNOX、ソロ・プロジェクト第2弾。前作同様、ナスティー・スーサイド、アンディ・マッコイが参加しているが、今回は前面バックアップではなく、本人達も"覚えていない"程度らしい。
渋めのヴォーカルと、リードギター(KNOX?)がかなりの味を出しており、装飾を剥いだアコースティック・サウンドを主としたスローナンバーを、しっかり聴かせる演奏面の充実ぶりは流石というべきか。合唱団のようなバックコーラスや鐘の音を使った「Hey Susie」は、クリスマス・ソングのような雰囲気だし、マカロニウエスタンで使われそうな「Stalk The Girls」などなど。KNOXのパーソナルが際立っているのか、単に趣味的なのか?どちらにせよ、多くに支持されるような作りではないが、ソロならではの独創的な世界は、分かる人にはたまらない魅力を放っている。際立つメロディーなんてないし、歌えそうにないけど、楽しめるってことなら請け合いだ。

01. Hey Susie
02. Falling Rain
03. Discipline
04. Chasing Dreams
05. Ah-Ha
06. Sailers On the Sea
07. Stalk the Girls
08. Dream Girl
09. Strung Out on You
10. Country Girl
11. Goodnight Darling

2007.09.30 
Fallen Angels 2Fallen Angels
Fallen Angels

Knox- vocals,lead Guitar,keyboards
Nasty Suicide- rhythm guitar
Sam Yaffa- bass
Razzle- drums

84年、"堕ちた天使たち"、フォーリン・エンジェルスの1st。
パンク・バンド"The Vibrators"のフロントマン、"KNOX"によるソロ・プロジェクト。本作では、ヴォーカル、リード・ギター、キーボードを担当。サイドメンバーとして、Nasty Suicide(g)、Sam Yaffa(b)、Razzle(ds)が参加したことで日本でも注目を集めた。しかもクレジットされていないが、アンディ・マッコイとマイケル・モンローも参加しているようだ。80年代初頭のハノイの躍進というのは、ある意味奇跡でもあったわけだし、このような味わい深いセッションを生み出すのに一役買っているわけである。
基本路線はスリージーなロックン・ロール。「元々ロックン・ロールってのはこんなもんだろ?」といったスタンスが痛快で、深みなんてないけど、センスだけはピカ一という典型。良くも悪くも、己の持ち味ってものをよく分かっているということで、ヴァイブレーターズよりもR&R然とし、ハノイ・ロックスばりの哀愁も兼ね備えているのはバックによるところが大きく、「Falling」なんて「Taxi Driver」がこの世になければ、生まれてこないだろう?って曲。だが、KNOXのソングライターとしての資質は全編で感じることが出来るし、ルー・リードかミック・ジャガーか?みたいな歌声だってかっこいいのだ。尚、ジャケットはKNOX作。タイラもそうだが、絵心のあるロッカーって何かいい。

01. Inner Planet Love
02. Black & White World
03. Rain Rain Rain
04. Falling
05. Runaraound
06. Amphetamine Blue
07. Cuckoo Land
08. Kiss It Goodbye
09. Straight City
10. Vipers In The Dark

2007.09.29 
Jan StenforsVinegar Blood/Jan Stenfors

Jan Stenfors(vocals,guitars,percussion)
Frej Stenfors(drums,backing vocals,percussion)
Sami Yaffa(bass)
Annika Wiklund(backing vocals)
Jone Takamaki(saxophone)
Ben Granfelt(guitar)

1996年、ナスティー・スーサイド改め、本名であるヤン・ステンフォース名義でリリースされたソロ作品。チープ&ナスティー、デモリション23を経た後、改名。その明確な訳など知る由もないが、いつにも増して伸び伸びとしたヴォーカル、歪みを抑えたナチュラル・ギター、至ってシンプルな作りでありながら、その決意からくるであろう力強さを秘めており、ドラムに実弟のフレイ・ステンフォース、ベースにサミー・ヤッファ、SAXにサミーの実兄のヨネ・タカマキなど、気心知れた仲間を従えたことも大きく作用しているようだ。
チープ&ナスティー時代に書いた「Too Hard A Night」、「Cold Wind」など、レイドバックしたロックン・ロールだけでなく、実父がギターで参加した「Good Love」は、驚きのジャズ・ナンバーである。続編も期待しただけに、音楽界から姿を消してしまうとは・・何とももったいない話であった。

01. Past Is Gone
02. Vinegar Blood
03. Seven Days Cover: Bob Dylan
04. Mountain
05. Bullet Train
06. Reality
07. Good Love
08. Lonesome Town
09. To Love and To Hurt
10. Last Dance
11. Too Hard a Night
12. Cold Wind

2007.09.28 
Cheap and Nastycool Talk Injection
Cheap And Nasty

Nasty Suicide (lead vo,guitar)
Timo Caltio (guitar)
Alvin Gibbs (bass, vocals)
Les Riggs (drums)

1994年、前作同様のストレートなロックン・ロールでありながら、女性コーラスやブルースハープ、ピアノなどを巧みに扱うなど深みを増した2nd。前作から主だった活動が出来なかったということもあり、バンドとしての曲と、ナスティーの昔のバンド"Silent Scream"時代の曲が半々であるということだ(後半に向うに従い、失速していく印象を受けるのはその為か)。
オープニングは、疾走感溢れる「Devil Calling」。ナスティー最大の功績とは、この曲を作ったことでは?と言ったら失礼かも知れないが、それほどよく出来たR&Rチューンであり、"Kill City Dragons"や"Shooting Gallery"とは違った味わいが楽しめる。驚くのは、この目玉商品に匹敵する練り込まれた楽曲が並べられていることで、T1~T8までは文句のつけようがない。アッパーな曲もいいが、スローな「Silent Scream」、「Shadow Me」や、アコースティックなバラード「End Of Time」など、じっくり聴かせる曲こそ真骨頂であり、ヴォーカリストとしてだけでなく、ギタリスト、そしてコンポーザーとしての広がりは目を見張るものがある。必然と"ハノイの残党"という色は薄れ、ナスティーらしさが確立されていると言っていいか。全編に渡るマイナー調主体の楽曲は、意欲的ながら落ち着いた雰囲気を醸し出しており、いぶし銀・ナスティーならではの傑作である。

01. Devil Calling Cover: Kill City Dragons
02. Ain't Coming Together
03. Silent Scream
04. I Know This
05. Ambition
06. Bad Man's Dream
07. Drive
08. Dangerous Ways
09. Lucky Dice
10. $5 Emotion
11. One More Time
12. Shadow Me
13. Ecstacy
14. The Trap That Venus Laid
15. Healing Touch
16. End of Time

2007.09.27 
STARSTAR

Johnnie Holliday:vocals,guitar
Jay Hening:guitar
Weeds:bass
Deon:drums

92年作品、N.Y.出身の4人組。
後にマイケル・モンローが核となり結成された、DEMOLITION 23に参加するジェイ・へニングが在籍していた。
当時は軟弱なバンド名に困惑したが、アリス・クーパー「You Drive Me Nervous」のカバー「Nervous」、T8「Diggy Dragster」など、スピードとパワーを兼ね備えた演奏力は聴き応え十分である。考え抜かれたアレンジ、Heavyとは一味違うギターサウンド、躍動感あるリズム。自身のルーツであるT.REXやラモーンズを始めとする、70年代ロックのおいしいところを絡み合わせたような音楽性に、Vo.ジョニー・ホリデイの、人を食ったような甘ったるい歌声が乗っかる。起伏のないメロディ、程よいポップ感覚が心地よいロックン・ロールバンドであった。

90年代初期、Nirvana以降の音楽シーンを考えると遅すぎた逸材であったか。個人的な印象として、ファスター・プッシキャット好きには是非お薦めしたい。

リンク先:WildMusic(映像あり)
「Star Star」

01. Fly Boy
02. Science Fiction Boy
03. The Love Drag Years
04. Nervous
05. Cowboys in Space
06. Baby Shoulda' Known
07. Groovy Guru Gangster Girl
08. Diggy Dragster
09. Treasure or Trash
10. My Little Cuisinette

2007.05.28 
TakashiohashiTakashi O'hashi Project
are:
(g)Takashi O'hashi(大橋隆志)
(vo)kevin Saunders
(b)Hal Cragin
(ds)Millton sutton

produced by Takashi O'hashi

91年、"Cats In Boots"、"Slum Lords"の相次ぐ空中分解により、自身がプロデュースを手がけソロというスタンスで発表した作品。メンバーを見れば分るが、アメリカへの拘りはあっただろう。ハスキーなヴォーカル、ギターサウンドを聴く限りはシンプルなロックン・ロールであるが、大橋独特のファンキーなノリが随所に見られるものである。表現するヴォーカルが弱く、お世辞にも楽曲の完成度が高いとは言えないが、重過ぎず軽過ぎずのサウンド、印象的なリフワーク、鳥肌モノのカッティング。どれをとっても、相変わらずの冴えを見せていて、ギタープレーは流石という他ない。

ストーンズのカバー「Live With Me」では、文句無しのR&Rギター、ビートルズのカバー「Yer Blues」ではエモーショナルなギターをそれぞれ聴かせてくれる。これらのカバー選曲は長いキャリアで培った多くの経験から、余計なものを取り除き、シンプルなものに辿り着いたという印象を受けるし、コンポーザーとして、そしてギタリストとして日本人離れしたセンスは健在である。

この作品以降、日本に活動の場を移したようだ。

01. You're My Fire(O'hashi,Saunders)
02. Dangerous(O'hashi,Saunders)
03. Body & Soul(O'hashi,Saunders)
04. Live With Me(Jagger,Richards)
05. Television Preacher Man(O'hashi)
06. Yer Blues(Lennon,McCartney)
7. Mistery Dance(Costello)

2007.04.23 
kill cityKill City Dragons
are:
(vo)Bill G Bang
(g)Steve Von Saint
(b)Dave Tregunna
(ds)Dunny Fury



90年、12インチで発売されていたスタジオテイクに、ライブテイクを追加した作品。"殺・市・竜"と、漢字を施したジャケットが印象的で、バンド名からも、そのセンスの良さは伺える。マイナーでありながら、その筋では有名である、故スティーヴ・ベイター筋が集まり、ビリー、トレグナが加入した"Shoothig Gallery"、後の"Slum Lords"にも通じる、アメリカを意識した音造りのR&Rバンドである。(「I Don't Want」を聴くと、AC/DCの「Who Made Who」を思い出すんだよな・・)

アンディ・マッコイがカバーしたことで有名になった「Devil Calling」。後に共作者のナスティー・スーサイドもソロでセルフカバーしたが、このストレートなオリジナル・バージョンが、一番カッコ良い。演奏も楽曲も、チンピラのような妖しい雰囲気もB級ならではであり、ホーンを取り入れたり、ポップなテイストにも旨味がある。このチープさとゴージャスさの同居は、マッコイが引き抜いた事が頷けるものだろう。ビリーは、シャウトするとヘビメタになるが、それも愛嬌か。腰が疼くファンキーなリズム隊、そこにセンスだけの(?)絶妙なギターと、ビリーのハスキー・ヴォイスが見事にマッチしている。Shooting Galleryでは散々であったが、ここではビリーの下手さ加減は、いい味になっていると言えるだろう。

01. I Don't Want(Anything From You)
02. That Ain't No Lie
03. Devil Calling
04. Fastest Way Down
05. King Of The Cats(Live)
06. L'il Suzy(Live)
07. Steppin Stone(Live)

2007.04.20 
CHEAP&NASTY.jpg

Cheap and Nasty/Beautiful Disaster

91年作品。アンディ・マッコイと別れ、本格的なソロ第一弾。同じく曲を書けるベーシスト、元UKサブスの、アルヴィン・ギブスと組み、己のロック感を思う存分、発揮した作品である。しかしながら、ハノイ・ロックス、スーサイド・ツインズ、チェリー・ボムズ時代に培ったものは、当然アンディ・マッコイから感化されたものも多いだろう。その感化され、触発され、刺激を受けたナスティが見える。そしてリードギターは、これまたハノイのローディーであった、ティモ・カルティオである。という事で、サウンドもギタープレイも、アンディ色がでてしまうのは仕方ないだろう。ソングライターとしては、かなりのやる気も感じるし、評価できる曲は多数ある。B級以外の何者でもないが、あえて言うのなら「ギタリストの曲」、そんな印象である。強烈なリフで押し切る強引さではなく、至ってシンプルな作りである。

ローディーであったティモは、テクニックはあるが個性をどうこう言うほどではないだろうが、こちらも、アンディに感化された口だとは思う。しかし、ナスティのヴォーカルは捨てたもんじゃない。起伏を付けたメロディを、淡々と歌う。彼のようなギタリストの、いまいちパッとしない歌い方が好きな方には、全体に漂う、チープな香りがたまらないだろう。

「Moonlight」、「Sweet Love」は、これぞハノイの残党と言える曲。フィーリングは正に「Taxi Driver」や「Until I Get You」。このように、ハノイで出来なかった事をするというよりは、ありのままを作品にしたといえるだろう。メンバー間の信頼もあり、緻密なアレンジでもなく、非常にリラックスして作ったのではと感じる。これ以降、ナスティは2枚の作品を出すが、彼がバンドを纏め上げ、上質な音楽を作るというのは無理があったと感じる。彼はリードではなく、サイドの人間なのだろう。強烈な個性の調和役といえば失礼かも知れないが、そんなナスティの大らかさは出ている作品である。

01. Midnight Emperor
02. Moonlight
03. Beautiful Disaster
04. Queen Bee
05. Sweet Love
06. Body Electric
07. Stateline
08. Live in a Lie
09. Retribution
10. Shot Down
11. Break for the Border

2007.04.13 
B0000561TFThe Leather, the Loneliness & Your Dark Eyes
Rene Berg

Progressive
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

92年、ソロ名義唯一の作品。個人的には、アンディ・マッコイ「Too Much Ain't Enough」と肩を並べる、歴史的名盤と位置づけている。アクの強さ、センスの固まりでありながら、愛すべき親しみやすいキャラ。逸話も多く、伝説的な人物像としても似通う部分もあるだろう。タイトル曲は、そんな両雄の兄貴分、ジョニー・サンダースに捧げたものだが、今は亡き存在である。ハノイ解散間際、サムの後任でもあり、「Lean On Me」収録の「Fast Car」の生みの親、スーサイド・ツインズの「Sweet Pretending」では、甘い歌声を披露し、ナスティーと組んだ事もある。何かとハノイ・ロックスとの親交が深く、知る人も多いだろう。

ジャケットから感じ取れたのは、パンキッシュなR&Rであったが、イントロのギターを聴いた瞬間、裏切られる。パンク、グラムの要素を持ちながら、極上と言うべきポップなR&Rは、ジョニーサンダース・フォロワーのなかでも異彩を放っていた。ジョニーの面影は、ルネのシンプルなギターからは窺い知れるが、それ以上に、ポール(ビートルズ)や、ロビン(チープ・トリック)にも通じる、甘い歌声と甘いメロディが、其処彼処に敷き詰められている。自らの音楽性をサウンドで示せない、安っぽいだけのR&Rバンドは山ほどいる。だが、このルネバーグのサウンドは、B級と括るには惜しく、チープな香りを漂わせながらも、煌くゴージャス&グラマラス。何時しか癖になる独特の世界観は、歌声を最大限に活かした、ソングライターとしての手腕によるものだろう。

バックは、元ダムド、Paul Gray(b)と、Rat Scabies(ds)。パンキッシュなリズム隊に、ポップなメロディ。と、ここまでは理解できるが、ギターはオジー・オズボーンにも在籍していたBarnie Tormeである。このHMギターは、賛否両論あるはずだ。だが、この一見ミスマッチともいえるアイテムは、まったりとしたルネの歌声により、調和してしまうのだから不思議である。どこか懐かしく、ポップである事が、異様なまでにカッコイイのだ!

"ジョニー"、"ハノイ"等のキーワードは必要ないだろう。この作品は、ルネ・バーグという、一つのジャンルかも知れないからだ。固定観念抜きで、じっくり味わうべき作品である。

01. Secrets
02. Head over Heels
03. Can't Get to Sleep
04. If I Had Wings
05. Get Up, Get Out
06. Just Wanted to Dance With You
07. Fast Car
08. Ideal Woman
09. Rob the Bank
10. Leather, the Loneliness and Your Dark Eyes

2007.03.28 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。