上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
East of WesternEast of Western
Hangmen

Acetate Records 2012-05-08
売り上げランキング : 579911

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ここニッポンでは完全スルー(?)の非武装集団ハングメン、2012年最新作。以前より交流のあったガレージパンクバンド、Supersuckersから加入のRontrose Heathmanによる歯切れの良いギターと、全体を淡いトーンに彩るもの憂げなヴォーカルの相性の良さも然ることながら、これまで以上に若々しくエネルギッシュなアメリカンロックサウンドをその勢いを殺すことなくコンパクトにまとめ上げたバンドセンス、そして過去作同様、土着的な意図とも読めそうなジャケが本作、本バンドを如実に物語る最高傑作!PVもかっちょいいです!是非×2。

1. Homesick Blues
2. I'm Your Man
3. Had A Girl
4. Graverobbers
5. Drink Smoke
6. Railroad Man
7. Betrayed
8. Big Red Rooster
9. She Cracked
10. Haunted

THE HANGMEN "Homesick Blues"
スポンサーサイト

2013.03.09 
LoteriaLoteria
Hangmen

Acetate Records 2004-04-20
売り上げランキング : 907123

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2002年のライブ盤、We've Got Blood On The Toes Of Our Bootsを挟んでのオリジナル3枚目。作品を追うごとに強度を増すバンドサウンドの心地よさは、余計な音のないシンプルなアンサンブルの賜物だとして、ストーンズカバー含む、全13曲に散りばめられた一途が過ぎるアティテュードが示す揺るぎないロック観と、どうしたって駆られてしまう郷愁のヴォーカル。新加入の女性ベーシスト、Angelique Congletonの美味なコーラスとストリングを駆使した「Can't Stop That Train」でおわかりいただけると思うが、ほのかに泣かせてくれるロックンロールほど万能なものはないだろ?ってことで。

1. Blood Red
2. Sleepin' On The Floor
3. Get It
4. Wild Beast
5. Can't Stop That Train
6. Here She Comes
7. She's A Drug
8. Never Go Home
9. Yes I Do
10. Hollywood Forever
11. Citadel (Rolling Stones Cover)
12. Pills
13. I Just Wanna Feel Good

The Hangmen - Can't Stop That Train

2013.02.28 
Metallic I.O.U.Metallic I.O.U.
Hangmen

Acetate 2000-09-07
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

89年デビューのL.A.産ロックバンド、復活の2000年作。元々next Guns n' Roses?とかいうノリで売り出されたようですが(1stはプレミアついて買えないので未聴)、vo.ブライアン・スモールのだみ声からもジョージアならぬ"カリフォルニア・サテライツ"と勝手ながらに命名したのも的外れではないと思うし、きっかけとなったThe Lords Of The New Churchのカバー「Russian Roulette」で魅せるエッジの効いたサウンドにニヤリとしちゃった方は勿論、しなかった方もスルーせず、ついでと言ってはなんですがお持ち帰りいただけるとこれ幸い。

1. Downtown
2. Bliss
3. Broke, Drunk and Stoned
4. Bent
5. Shoot
6. Loners, Junkies and Liquor Stores
7. I Luv U
8. Is That All There Is?
9. Russian Roulette
10. Blue Light

The Hangmen - Russian Roulette

2013.02.22 
Set Fire to It AllSet Fire to It All
Diamond Dogs

Ais 2012-03-20
売り上げランキング : 3306

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2012年、結成20周年記念盤。Quireboysのスパイク、ex.Thunder、ダニー・ボウズ、現Casablanca、ライアン・ロキシー、頼れる兄貴?ダン・ベアードらがSuloを後押しするリードヴォーカルで参加。期待にたがわぬレイドバックしたロックンロールは、ともすれば渋いの一言で片づけられてしまいそうですが、ノリ重視のキャッチーなナンバーを巧みに料理するベテランとしての味は勿論のこと、プレイすることへの尽きることのない情熱が存分に伝わってくる文字通りゴキゲンな一枚。是非ご賞味あれ。

1. On The Sunny Side Again
2. Set Fire To It All
3. Mama Let The Mad Dog Run
4. Scars And Emblems
5. Lay Me Down On Solid Ground
6. Bad But Not Ruined
7. Ball Of Lightning
8. The Inner Jukebox Blues
9. Sweethearts For Christmas
10. Burn One Down
11. Nothing Can Change This Love
12. Stand By The Rhythm
13. In Each And Every Ballroom

2012.04.07 
Diamond Dogs/Honked! The Album 1994
are:
Currey - vocal
Anders Lindstorm - lead guitar
Kent Axen - rhythm guitar
K. Marcus - bass
Fredric Lundbergh - drums
Honk - piano & organ


スウェーデン産ロックバンド、Diamond Dogs、1994年フルレングスの1st(多分)。後にヘラコでキーボードを弾くことになるボバ・フェットことリードギターのAnders LindströmとVo.Suloが中心となり結成。一度解体するも、2000年に再始動しその名を馳せることとなる。ラストを飾る「無情の世界」のカバーでお分りでしょうが、ストーンズ、フェイシズ直系というべきブギーなロックスタイルを持ち味としており、時代とそぐわなくともその心意気たるやパブロック界のAC/DC!? 大きく変化しようのない音楽性こそ魅力のバンド、じゃないかとw ただわからんのはVo.Curreyなるクレジット。お詳しい方ご教示くださいませm(__)m

1. Honked!
2. Please, Please, Please
3. Good Time Girl
4. ...Blue Eyes Shouldn't Be Cryin'
5. Lovestoned Again
6. Evil Inside
7. Black as Sin
8. It's Gonna Be Alright
9. Higher Up
10. You Can't Always Get What You Want (Jagger & Richards)

You Can't Always Get What You Want

2012.04.01 
Don't Shoot the MessengerDon't Shoot the Messenger
Stevie Klasson

Wild Kingdom 2008-02-04
売り上げランキング : 69665

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

正統派ジョニーの遺伝子、スウェーデン出身ギタリスト、スティーヴィー・クラソン、2008年ソロ。ex.Diamond Dogs、Johnny Thunders Band、本作ではパティ・パラディンとの共作に加え、グレン・マトロック、ここにも居たよダレル・バス、同郷ヘラコ、カーディガンズのメンバーがゲストに名を連ねるなど、ぶっちゃけただ者じゃねーぞ的な雰囲気はかっちょいいの一言で、ただロケンローにかますだけでなく、女性Voとのデュエットあり、カントリーのカバーありと、その非凡な才能を見せつけた一枚。まぁ、小賢しい説明は置いといて、ジャケがすべてを物語ってるよね?ピンと来た方、迷わずGetです!

http://www.blackweeds.com/

01. Goin Mental
02. Hand Me Downs
03. Do What You Want
04. Sweetheart Angel Pure
05. Bedspring Symphony
06. Walk Too Much
07. Downbound Train
08. White Line Fever
09. Lucky
10. All The Action
11. Angel In Black
12. Don't Mess With Evil

2012.03.23 
Horseshoes & Hand GrHorseshoes & Hand Gr
Chris Mars

Polygram Records 1992-04-07
売り上げランキング : 656211

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ex.Replacementsのドラマー、クリス・マーズ、1stソロ。ポールやトミーならまだしもクリスの一体何を語るんだよって思ったりもするけどまたの機会はないものとして取り上げてみる。自身によるジャケットワークからも窺い知れるアーティスティックな感性と職人技を併せ持つメロディックでメランコリックなパワーポップを聴かせてくれる本作は、地味~といえばそれまでだが、Matsの成り立ちを知る上でも興味深かったりもするわけで、つまりは埋もれちゃならん才能じゃないかな~と。

http://www.chrismarspublishing.com/

★★★ 風変わりなあなたに

1. Reverse Status
2. Popular Creeps
3. Outer Limits
4. Before It Began
5. Get Out Of My Life
6. Monkey Sees
7. Ego Maniac
8. Midnight Carnival
9. I, Me, We, Us, Them
10. Don't You See It
11. Happy Disconnections
12. Better Days
13. City Lights On Mars
14. Last Drop

2012.02.03 
Friday Night Is Killing MeFriday Night Is Killing Me
Bash & Pop

Warner Bros / Wea 1993-02-04
売り上げランキング : 330965

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Replacements解体後、Tommy Stinson(b)、Steve Foley(ds)等によって結成。Mats直伝、目新しさもなく、ただ思うままにロックする、そんなシンプルな心意気を除けば何も残らない作品とはいえ、明るい全体のトーンがパーソナルを示しているかのような作風はその後のトミーのソロにも通じるわけで、のっけからダン・ベアードばりの威勢の良さで心地よく身体を揺らしてくれます。トム・ペティの相棒、マイク・キャンベルがゲスト。*同年発表ポールの「14Songs」には、リック・プライスがゲストだったりする。

1. Never Aim To Please
2. Hang Ups
3. Loose Ends
4. One More Time
5. Tickled To Tears
6. Nothing
7. Fast And Hard
8. Friday Night (Is Killing Me)
9. He Means It
10. Tiny Pieces
11. First Steps

2012.01.18 
One Man MutinyOne Man Mutiny
Tommy Stinson

Done to Death Music 2011-08-29
売り上げランキング : 136560

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「Village Gorilla Head」から7年、ガンズ&ローゼス及びソウル・アサイラムに籍を置くトミー・スティンソン、ソロ第2弾。前作以上にアーシーなサウンド、パーソナルが際立つリラックスモードがたまらない魅力であり、ヴォーカル、べ―スのみならず、ギター、ドラムまでこなすマルチな才能を含め、改めて彼のミュージシャンシップに拍手を送りたいし(あの癇癪持ちと長いこと連れ添ってるしなw)、時折聞こえてくるスライドギターやホーンセクション、文字通りゴキゲンなロックンロールのキーワードは日曜の午後...かな?w パンチこそないけどミディアムスロ―に酔わせてくれるはず。ガンズよりソロのイジーが好きって方に。

1. Don't Deserve You
2. It's A Drag
3. Meant To Be
4. All This Way For Nothing
5. Come To Hide
6. Seize The Moment
7. Zero To Stupid
8. Match Made In Hell
9. Destroy Me
10. One Man Mutiny

2012.01.09 
Village Gorilla HeadVillage Gorilla Head
Tommy Stinson

Sanctuary 2004-07-30
売り上げランキング : 371237

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ex.Replacements、トミー・スティンソン、Gunsの活動に痺れを切らしてのソロ第1弾。タイトルが示すヴィレッジピープル+ゴリラズ+モーターヘッドという意図はどうでもいいとして、中期~のMatsにも通じるアメリカンルーツをベースとしたポップでパンクでフォーキーな楽曲群は、スケール観のある見事なソングライティングを披露したT2をはじめとし、心地良く響くトミーの歌声が拍車をかけるリラックスモードながらも"抜群の完成度"を誇っている。尚、今ならこの傑作が缶珈琲3本分であなたの元へ届きます。ご注文はAmazonまでw

1. Without A View
2. Not A Moment Too Soon
3. Something's Wrong
4. Couldn't Wait
5. OK
6. Bite Your Tongue
7. Village Gorilla Head
8. Light Of Day
9. Hey You
10. Motivation
11. Someday

2012.01.07 
Shaka RockShaka Rock
Jet

Eleven Seven Music 2009-08-25
売り上げランキング : 58254

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

セスター兄弟率いる、豪産ロックン・ロールバンド、2009年、3rd。原点回帰したかのように颯爽と放たれた歌って踊れるPop/Rock。やっぱこんなJETがカッコいい!そう確信させてくれたのは、賛否両論あった前作も含めもう何もかもを吹っ飛ばしてくれそうなエネルギーがここにあるからに他ならず、コーラス"アハアハアハ"が癖になる「K.I.A」、渾身の力でぶちかます「She's A Genius」など、その抜群のセンスは感動すら飛び越え、ロックン・ロール最強説を迷うことなく掲げてくれてます。

01. K.I.A. (Killed In Action)
02. Beat On Repeat
03. She's A Genius
04. Black Hearts (On Fire)
05. Seventeen
06. La Di Da
07. Goodbye Hollywood
08. Walk
09. Times Like This
10. Let Me Out
11. Start the Show
12. She Holds a Grudge

2011.06.21 
Hit ListHit List
Joan Jett & Blackhearts

Sbme Special Mkts. 1990-01-16
売り上げランキング : 22274

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

最大のヒット曲「I Love Rock'n Roll」を始めとし、数々の名カバーを残してきた彼女が放った全編カバーの必殺アイテム。自らが愛して止まないロックン・ロールをただひたすらにかき鳴らしただけのピュア&イノセンス。そのセンス一発なスタイル故、ピストルズやZZトップなどストレートなロックナンバーはツボを抑えた演奏を聴かせてくれており、わかり易さこそ最大の魅力としている。既に20年の月日が経つが、当時、渋谷タワレコで偶然手にしたやけに綺麗なおねーさん面したジャケットにドキマギしたことが今も鮮明に思いだされるし、更に言うなればバイブル的な役目を彼女は担っていた、といったら大袈裟だろうか?(実際、オレはAC/DC買いに走ったけど) 尚、その後発売された日本盤ではストーンズの「Let It Bleed」も聴ける。

↓こちらは裏ジャケ記載の曲目リスト(実際の曲順と違う)。
ジャケット作成後、構成を変えたんでしょうか?

01. Dirty Deeds (AC/DC)
02. Love Hurts (The Everly Brothers)
03. Pretty Vacant (Sex Pistols)
04. Up From The Skies (The Jimi Hendrix Experience)
05. Time Has Come Today (The Chambers Brothers)
06. Celluloid Heroes (The Kinks)
07. Love Me Two Times (The Doors)
08. Have You Ever Seen The Rain? (CCR)
09. Tush (ZZ Top)
10. Roadrunner USA(1990 Version) (The Modern Lovers)

2011.06.15 
Up Your AlleyUp Your Alley
Joan Jett & Blackhearts

Sbme Special Mkts. 1988-05-20
売り上げランキング : 33949

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

現在アクセスが集中しており表示しにくい状態となっております。

(最近こればっかじゃね?)

Queen of Rock'n' Roll!ジョーン・ジェット、1988年、6th。ブラスをフューチャーしたリードトラック「I Hate Myself For Loving You」がヒットするなど、売れ線ソングライター、デスモンド・チャイルドの手腕は言うまでもなく、ドッグス・ダムール、キル・フォー・スリルズ、アンディ・マッコイといった、当Blog御用達をその後手掛ける事になるリック・ブロウドお得意のグラマラス・サウンドと、ジョーンの男前なしわがれ声が相まった世界観は、まさしく女王の名に相応しい。お馴染みのカバーはチャック・ベリーとストゥージス。いくら好きとは言え・・この選択もただただ凄いよね(*^^)

01. I Hate Myself For Loving You
02. Ridin' With James Dean
03. Little Liar
04. Tulane
05. I Wanna Be Your Dog
06. I Still Dream About You
07. You Want In,I Want Out
08. Just Like In The Movies
09. Desire
10. Back It Up
11. Play That Song Again

2011.06.11 
Hand All OverHands All Over
Maroon5

Universal International 2010-09-15
売り上げランキング : 3265

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2010年、3rd。ただひたすらキャッチーなメロディの良さは言うまでもなく、ソウル+ファンク+ディスコという前2作を上手く融合させたかのような煌びやかなサウンドがこれでもかってくらいに躍動するプロダクションの見事さは、ボーナス・トラック含め全20曲という長丁場ながらも、決して聞く者を飽きさせない抜群の安定感を誇っている。若干、アダム・レヴィーンのソロか?と思わせるバンド感の喪失を感じなくもないが、結果、アリシア・キーズ、クイーンのカバーがなんの違和感もなく並べられているいことを考えても、この方向性は支持すべきか。T2「Give A Littele More」には座布団何枚でもあげたい。

01. Misery
02. Give a Little More ★★★
03. Stutter
04. Don't Know Nothing
05. Never Gonna Leave This Bed
06. I Can't Lie
07. Hands All Over
08. How
09. Get Back in My Life
10. Just a Feeling
11. Runaway
12. Out of Goodbyes with Lady Antebellum
13. Last Chance
14. No Curtain Call
15. Never Gonna Leave This Bed (Acoustic)
16. Misery (Acoustic)
17. If I Ain't Got You (Live)
18. Crazy Little Thing Called Love (Acoustic Version)
19. Wake Up Call (Live version)
20. The Air That I Breathe

2011.02.28 
Electric AngelsElectric Angels
Electric Angels

Atlantic / Wea 1990-01-24
売り上げランキング : 259436

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

90年、元Candyの"ギルビー・クラーク以外"が集まり結成されたバンドのデビュー作。ジョン・ボン・ジョビ似のボーカルと、ギターを中心としたポップなロックン・ロールは、親しみやすさだけが取り柄、と言ったら言い過ぎかもしれないが、遙々ロンドンまで出向き、T.REXや、デヴィッド・ボウイを手がけたトニー・ビスコンティの手腕に期待したのはいいが、下手にブリティッシュ・ロック化され、70年代テイストを得たサウンドは、逆に個性のなさも露呈したような気も。ただ、チープなのか下手くそなのかは紙一重であっても、根底にあるルーツ・ミュージックを感じさせたことは大きく、他のメタル上がりバンドと一色単にされたのは不運であったという他ない。奇しくも、ギルビーのKill For Thrills同様の運命を辿った気がしてならないが、B級歓迎当Blogにとって、当然おいしいバンドであるのは言うまでもない。本作後の消息は不明。

01. I Believe
02. I Live in the City
03. Rattlesnake Kisses
04. Head Above Water
05. Dangerous Drug
06. True Love and Other Fairy Tales
07. Last Girl on Earth
08. Home Sweet Homicide
09. Cars Crash
10. All the Money
11. Whiplash
12. The Drinking Song

2008.04.03 
Main OffenderMain Offender
Keith Richards

Virgin 1992-10-20
売り上げランキング : 124215

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

1992年、ソロ第二弾。前作「Talk Is Cheap」は80年代を代表するストーンズ関連作品となり、それにより生きた伝説を心行くまで堪能してしまった感もあり、これ以上食えね~だろ的な、半ばお腹一杯状態でこの2ndを迎えたってのが本音で、「999」のギターや意外にメロウな「Hate It When You Leave」など、随所に聴き所はあるものの、なんせ似通った曲調が多く、いくらバックを固めるワイノーズのレイドバックしまくったバンドサウンドが心地よい!とはいっても、通しで聴くのは根気がいる作業ともいえそうだ(汗)。まあ…まくまでも雰囲気だ。激渋キースの、その吸引力に身を委ねればそれで良い作品ではある。ミニアルバム「Eileen」に収められた、ワイノーズ版「Gimmie Shelter」も合わせてお薦めしたい(こちらも激渋)。

01. 999
02. Wicked as It Seems
03. Eileen
04. Words of Wonder
05. Yap Yap
06. Bodytalks
07. Hate It When You Leave
08. Runnin' Too Deep
09. Will But You Won't
10. Demon
11. Key To The Highway

2008.03.05 
トーク・イズ・チープTalk Is Cheap
Keith Richards

EMIミュージック・ジャパン 1999-06-30
売り上げランキング : 28333

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

1988年、ソロ第一弾。すべてはミックがソロを出したこと、おまけに幻とされていた日本公演までやってしまったことで台無しになったはずだった、ここ日本でのストーンズ伝説。だが、長年ストーンズをストーンズたらしめていた張本人の1stシングル、「Take It So Hard」のPVを見た瞬間、そんな欝憤が吹き飛びファンにとってはとてつもなく大きなプレゼントとなったことは言うまでもない。どこまでもキースらしいこの作品は、一言で言うなら、キースの生き様を映し出したかのようであり、枯れた歌声と、一瞬でそれとわかるギターワークにより、転がるってことが何なのかを教えてくれている気がしてならない。単純に、カッコよければロックは成立する。だとしても、この手本は最上級だ。名盤!

01. Big Enough
02. Take It So Hard
03. Struggle
04. I Could Have Stood You Up
05. Make No Mistake
06. You Don't Move Me
07. How I Wish
08. Rockawhile
09. Whip It Up
10. Locked Away
11. It Means A Lot

2008.03.04 
ゴッデス・イン・ザ・ドアウェイゴッデス・イン・ザ・ドアウェイ
ミック・ジャガー ロブ・トーマス レニー・クラヴィッツ

EMIミュージック・ジャパン 2001-11-12
売り上げランキング : 62857

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2001年、ソロ通算4枚目。前作「Wandering Sprit」は、キースのソロ2枚を経ての"負けられん"的な底力を発揮した、ロックなつくりであったのに比べ、本作はえらく洗練されたポップなナンバーが多くを占めており、わざわざボノ、ジョー・ペリー、ピート・タウンゼントといった大物ゲストを要しなくても十分な仕掛けがあり、楽曲ごとの完成度の高さが窺い知ることができる。今更ながら、還暦まじかとは思えない驚異のパワー、そして何をやらせてもスマートに決めてしまうミックに驚きなどないが、現代的なアプローチをすればするほど、より"ストーンズでできないこと"といったスタンスになればなるほど、ミックのソロなんてストーンズファン以外が聴くのか?ということまで心配してしまう後味の悪さもあったりする(汗)。そんな中、どうもレニー・クラビッツだけは相性がいいようで、異質の「God Gave Me Everything」のカッコいいことといったらない。どうせなら二人だけでフルアルバムを作って欲しいくらいだ。

01. Visions Of Paradise
02. Joy
03. Dancing In The Starlight
04. God Gave Me Everything
05. Hideaway
06. Don't Call Me Up
07. Goddess In The Doorway
08. Lucky Day
09. Everybody Getting High
10. Gun
11. Too Far Gone
12. Brand New Set Of Rules

2008.02.25 
Shine onShine on
Jet hives dead kennedys

Atlantic / Wea 2006-10-03
売り上げランキング : 49431

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2006年、2nd。ツアー等で培われた演奏力の劇的な向上に伴い、膨張しそうなほどの熱エネルギーがズシンと腰に来るグルービーなバンドサウンド。新人バンドが手に余るほどの成功と引き換えたものは、我々の想像を遙かに超え、この3年というブランクの様々な経験が、正しく"ものを言った"作品ではないか。前作以上という気負いはどこ吹く風?60年代後半からのブリティッシュロックへのアプローチは試行錯誤の上、密度の高い、ソフィストケートされたロックを作り出しており、大人の色気漂う歌声により一層の広がりを見せている。確かに分かり易さは前作ほどなく、「Are You Gonna~PartⅡ」もない。だが、そこかしこに確実な成長の証が見て取れるのが頼もしい限りだし、今回も疾走ナンバーとメロウなバラードとの比率が良く、飽きのこない構成となっており、オープニングのギターストロークから、まんまオアシスじゃん?と言いそうになっても、そこはグッと堪えて欲しい(笑)。

01. L'esprit D'escalier
02. Holiday
03. Put Your Money Where Your Mouth Is
04. Bring It On Back
05. That's All Lies
06. Hey Kids
07. Kings Horses
08. Shine On
09. Come On Come On
10. Stand Up
11. Rip It Up
12. Skin And Bones
13. Shiny Magazine
14. Eleanor
15. All You Have To Do

2008.02.20 
Get BornGet Born
Jet

Wea Japan 2003-10-07
売り上げランキング : 37037

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2003年、かのキース・リチャーズも絶賛!ロック・リバイバルバンドにおける、正しくストーンズ、ビートルズ直系と言うべきロックバンドのデビュー作。まず思い描いたのが英国のクワイアーボーイズだったりするのも見当違いではないだろうし、新しくも懐かしい彼らの音楽が、結果、ただの憧れからだとしても、その忠誠心が見事に花開いており、○○っぽいなどと揶揄されることを屁とも思っていないであろう、豪産特有の大らかさも持ち味としている。そのスパイク似のしわがれ声が魅力のヴォーカル、AC/DCを彷彿とさせる強固なリフワークやハードロックとは一味違うディストーションサウンドが、小気味よく踊れそうなロックナンバーを後押ししており、今でも頻繁に耳にする「Are You Gonna Be My Girl」など数々の良質なロックを生み出している。決して勢い任せではなく、ブルースやカントリーといったルーツ・ミュージックへの秘かな愛も感じさせるバラードが程よくブレンドされているのも好印象。聴き終えた後に、疲れないってだけでも稀かも?

01. Last Chance
02. Are You Gonna Be My Girl
03. Rollover DJ
04. Look What You've Done
05. Get What You Need
06. Move On
07. Radio Song
08. Get Me Outta Here
09. Cold Hard Bitch
10. Come Around Again
11. Take It Or Leave It
12. Lazy Gun
13. Timothy

2008.02.19 
Stoned Immaculate: The Music of the DoorsStoned Immaculate: The Music of the Doors
Various Artists

Elektra/Asylum 2000-11-14
売り上げランキング : 54690

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2000年、「Break On Through」に始まり「The End」で終わるドアーズのトリビュート盤。ジムの声はそのままにアレンジしたものや、オリジナルメンバーであるロビー・クリーガー、レイ・マンザレク、ジョン・デンズモアも多くの曲で参加。その為、オリジナルを損なわないようにとの意図が見えサウンドに違和感がないのが特徴か。中でもヴォーカルは、"ジム・モリソンそっくりさん"を好演しているのがGood!

熱心な愛好者ばかりだが、スコット・ウェイランド率いるストーン・テンプル・パイロッツ(VRの2枚目。オープニングが「Let It Roll」だったね)。ジムとの掛け合いが印象的なジョン・リー・フッカー(実際共演していたらもっと凄かっただろうな)。更に、ボ・ディドリーの選曲センスに座布団3枚をあげたい。(前も言ったが、エアロスミスは何度聴いても悲惨。エアロはエアロにしかならず・・といったところ。)
しかしまあ、ここに参加したミュージシャンだけでなく、ドアーズが好きって人間はそれだけで優越感に浸ってるような奴ばかりだからな(笑)。
ドアーズの曲ってだけで満点をあげたいが・・如何であろうか。

01. Stone Temple Pilots 「Break On Through」
02. Creed 「Riders On The Storm」
03. Train 「Light My Fire」
04. Smash Mouth 「Peace Frog」
05. Days Of The New 「L.A. Woman」
06. Aerosmith 「Love Me Two Times」
07. The Doors「Under Waterfall」
08. The Cult 「Wild Child」
09. Jim Morrison 「Roadhouse Rap」
10. John Lee Hooker & Jim Morrison 「Roadhouse Blues」
11. William S.Buroughs 「Is Everybody In?」
12. Oleander 「Hello I Love You」
13. Ian Astbury(The Cult) 「Touch Me」
14. Perry Farrel & Exene 「Chidren Of The Night」
15. Bo Diddley 「Love Her Madly」
16. The Doors 「The Cosmic Movie」
17. Days Of The New 「The End」

2007.08.26 
RZ.gifRobin Zander
Robin Zander

Interscope 1993-07-06
売り上げランキング : 589102

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ご存知、チープ・トリックの顔、ロビン・ザンダーソロ作品。
ソロ名義ということで、純粋にヴォーカリストとしてのロビンが堪能でき、正統派アメリカン・ロックをベースに、彼の染み渡る歌声、確かな歌唱力に裏づけられた大人のロックが、所狭しと並べられている。「Everlasting Love」など壮大なバラードは最も得意としているところであり、F1テーマソングでお馴染みの「In This Country」など、"あのロビン"(王子様系?)が好きな方にはお薦めしたい。(異色は、あのニルソンで有名なハリー・ニルソンのカバー「Jump Into The Fire」。フリー、PIL、バズコックス、ディープ・パープル、イエスをサンプリングしている。)

彼の長きに渡る功績を称えんばかりに、アメリカン・ロックの実力者が一同に会した本作。どういった経緯かはわからないが、気の合う仲間が集まり楽しんでいる雰囲気は出ている。ゲストのカラーが色濃く出ていているものの、何れも"ロビンの曲"になってしまうのは流石だろう。解散説も浮上したが、いい骨休め、いい充電期間であっただろうし、我が家(チープ・トリック)に戻り、思う存分ロックできる!というものであったと思う。

「Jump Into The Fire」:ハリー・ニルソン(cover)
「I Believe In You」:ニール・ヤング(cover)
「Show Me Heaven」:マリア・マッキー(cover & duet with)
「Secret」:スティービー・ニックス(duet with)
「Reactionary Girl」:ロブ・ローファー(song by)
「Emily」:デイヴ・スチュワート(song by)
「Secret」:リック・ニールセン(song by)
「I've Always Got You」、「Tell It To The World」
:マイク・キャンベル(song by)
「Time Will Let You Know」、「Emily」
:トム・ピーターソン(bass)

2007.08.15 
Lone JusticeLone Justice
Lone Justice

Geffen 1996-03-19
売り上げランキング : 45299

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

如何にも玄人好み?マリア・マッキー率いるローン・ジャスティス、85年デビュー作。
しゃにむにテレキャスターをかき鳴らし、タンバリン片手に頭を振り乱す。そんなエネルギッシュな姿が印象的だった「Sweet Sweet Baby」。リトル・スティーブンスが参加しヒットしたストレートなロックナンバーで、小さな体から発せられるパンチの効いたハイトーンヴォイスが魅力的であった。
ボ・ディドリー風「East Of Eden」、トム・ぺティのペンによる「Ways To Be Wicked」など、バンドのエネルギーはブルースやR&Bといったルーツミュージックをベースとし、アメリカン・ロックの王道を直走る。そこに表情を変えながらも、カントリー色の強いアリアの歌声が相まって躍動感を生んでいる。しっとりと聴かせるT4、T10などは、そんな彼女の独壇場であり、年齢を感じさせない実力、加えて自身のペンによるT2、T7、T8、T9など、ソングライターとしての資質も見せつけ、ゲフィンが躍起になって売り込もうとしたのも頷ける話であった。

ただバンドである必要は感じられず、その後(案の上?)メンバーを入替え、2nd「Shelter」を発表。ルーツへの愛は感じられず、評価は別れるだろうが、程よいポップな作品となっている。普遍的な彼女の歌声だけが強みであるが、明らかな成長を遂げた力作であった。その後もボブ・ディランなど多くの人脈が彼女をバックアップし活動を続けている。

01. East of Eden
02. After the Flood
03. Ways to Be Wicked
04. Don't Toss Us Away
05. Working Late
06. Sweet, Sweet Baby (I'm Falling)
07. Pass It On
08. Wait 'Til We Get Home
9. Soap, Soup and Salvation
10. You Are the Light

2007.08.14 
イット・ウォント・ビー・スーン・ビフォー・ロングイット・ウォント・ビー・スーン・ビフォー・ロング
マルーン5

ユニバーサルインターナショナル 2007-05-16
売り上げランキング : 10

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2007年、待望の2nd。彼らがモンスター級になったのは言うまでもなく、楽曲の良さとある種の感情の揺れを誘うヴォーカリスト、アダム・レヴィンの歌声にある。

「Sweetest Goodbye-Part2」を期待してしまうのは悪い癖か。だが、二度、三度聴いている内に、80年代フレーバーたっぷりの3分強のダンサンブルナンバーが心地よく、はまってしまっている。

一層彼らの位置づけがジャミロクワイと重なるのは必至。
前作はスティービー・ワンダー、本作のテイストは・・
マイケル・ジャクソン「Off The Wall」・・ってとこか(?)

勿論、買わなきゃ損。
出来れば輸入版で。

01. If I Never See Your Face Again
02. Makes Me Wonder
03. Little of Your Time
04. Wake Up Call
05. Won't Go Home Without You
06. Nothing Lasts Forever
07. Can't Stop
08. Goodnight Goodnight
09. Not Falling Apart
10. Kiwi
11. Better That We Break
12. Back At Your Door

2007.06.30 
B000002IUOWandering Spirit
Mick Jagger

Atlantic 1993-02-09
売り上げランキング : 139,643

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

中学生の頃、「Just Another Night」、「Lucky In Love」などのPVを、面白おかしく解釈していた私のヒーローは、自ずとキースになった。

そうこのソロ通算3枚目を聞くまではずっとそう思っていた。曲調は様々。だが2曲目の「Sweet Thing」を聴いた瞬間ミックとはどんなシンガーなのかが分かった気がした。パワフルでセクシーでブリリアントなミック。「ミックってこんな格好良かったんだ」。やはりミックはスーパースターだ。そんなミックを渋い演奏ががっちり固め、ストーンズよりも"ロック"していてストーンズよりも分り易い。

ストーンズを聴かない人にミックが生理的に受け付けない・・という方が多い。そんな人に是非聴いて欲しい作品だ。

01. Wired All Night
02. Sweet Thing
03. Out of Focus
04. Don't Tear Me Up
05. Put Me in the Trash
06. Use Me
07. Evening Gown
08. Mother of a Man
09. Think
10. Wandering Spirit
11. Hang on to Me Tonight
12. I've Been Lonely for So Long
13. Angel in My Heart
14. Handsome Molly

2007.05.19 
B0000240M1By Your Side
The Black Crowes

Columbia 2001-08-27
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

98年、通算5作目。この作品は、2ndアルバム以降、内容と比例するようにセールスも落ち込み元気がなかった彼等が、久々に見せた「痛快ロックン・ロール・アルバム」となっている。色々と手を出してしまった感のある前作までの反省からか、無駄なものを省き、自分達の最も得意とするロック・ナンバーでガンガン責める彼等が聴ける。聴きやすさでは、代表作とも言える作品だ。

"one time,two times,tree times,four times,All right,Baby?"

クリスの掛け声で始まるオープニングの「Go Faster」からアクセル全開だ。たたみ掛けるように「Kickin' My Heart Around」のスライド・ギターが唸り出す。彼等の最も得意とするミディアム・テンポのタイトル曲「By Your Side」。そして「Go Tell The Congregation」。フィーリングはまさにストーンズの「Live With Me」。女性コーラスとの掛け合いも彼等ならでは。この辺りで彼等のグルーブにメロメロになっていること間違いなし!圧巻はエンディングの「Virtue And Vain」。作品を追う毎にパワフル&ソウルフルになったクリスのヴォーカルが冴え渡る力作である。

しかし彼等は一体何処へ行こうとしていたのだろうか。現在、活動停止中だが、この夏、日本へやってくる!

01. Go Faster
02. Kickin' My Heart Around
03. By Your Side
04. Horsehead
05. Only a Fool
06. Heavy
07. Welcome to the Goodtimes
08. Go Tell the Congregation
09. Diamond Ring
10. Then She Said My Name
11. Virtue and Vice

2007.04.29 
B0000677JPThree Snakes And One Charm
The Black Crowes

Universalinternational 2002-07-21
売り上げランキング : 110,684

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

96年、通算4枚目。元々持っているファンクのテイストをふんだんに盛り込んだ実験的とも言える作品で、肝心のこれぞロックン・ロール!と言うべき楽曲がないのは寂しい限り。だが、前3作と同じくルーツに対する思いをじっくり聴かせることのできる骨太サウンドは健在。少し大人びた彼等、特にソウルフルなクリス・ロビンソンの歌声はより刺激的である。
中でも、ロックン・ロールが突如としてファンクに変貌する「Blackberry」は、ユーモアセンスもあり、彼等の実験が成功した一番の例と言える名曲。覚醒したロックンロールを是非お試しあれ!

01. Under a Mountain
02. Good Friday
03. Nebakanezer
04. One Mirror Too Many
05. Blackberry
06. Girl from a Pawnshop る
07. (Only) Halfway to Everywhere
08. Bring On, Bring On
09. How Much for Your Wings?
10. Let Me Share the Ride
11. Better When You're Not Alone
12. Evil Eye
13. Just Say You're Sorry
14. Mellow Down Easy

2007.04.27 
B000062XB3The Southern Harmony and Musical Companion [Bonus Tracks]
The Black Crowes

Universal 2002-03-05
売り上げランキング : 35,219

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

92年、2ndアルバム。アメリカ・ジョージア州出身のクリス(Vo)、リッチ(G)の、ロビンソン兄弟が核となって結成。90年「Shake Your Money Maker」でデビュー。所謂「サザン・ロック」の純粋な現代への継承者達。ロック、ブルース、カントリー、ファンクなど様々な要素を持ち合わせたロックン・ロール・バンドである。

デビュー作では、オーティス・レディングの「Hard To Handle」をカバー、新しい解釈で多くのロック・ファンのハートを掴みアルバムも大ヒットした。日本では馴染みが薄い気もするが、元々アメリカ本国では絶大なる支持を受けているバンド。先日レビューした"ジョージア・サテライツ"同様、広大なアメリカ、ジョージア州などの田舎町に至っては、彼等の様なアメリカに「根付いた音」を奏でるバンドは人気があるのだろう。しかし個人的には古さを感じる1stであった。曲そのものも、ストーンズっぽい、フェイセズっぽい、曲のオンパレード。実際、現代のフェイセズなどと言われた。

この2ndアルバムは一皮向けた彼等がいる。メンバーの入替などで、ツインギターのアンサンブルがとても良くなった。1曲目の「Sting Me」から2本のギターが「これでもか!」と言わんばかりに絡み合う。プロデュースもこのアルバムから関わっている事も影響があると思われる。実際音の輪郭がハッキリしていて"抜け"がいい。決して"Heavyとは違う"爽快感あるサウンドは、病み付きになること間違いない。ブルースハープや女性コーラスもたくみに操る彼等は、当時20代である。大人のサウンドをすんなり聞かせることの出来る、アメリカならではのバンドと言えるだろう。クリスのヴォーカルはロッドを髣髴させ、甘くSEXYで、ハスキーな高音も魅力的だ。

決して体のいいHRではない。"ロール"するとは彼等を指す!是非お薦めしたいバンドである。

01. Sting Me
02. Remedy
03. Thorn in My Pride
04. Bad Luck Blue Eyes Goodbye
05. Sometimes Salvation
06. Hotel Illness
07. Black Moon Creeping
08. No Speak No Slave
09. My Morning Song
10. Time Will Tell

2007.04.26 
B000000W5TPawnshop Guitars
Gilby Clarke

Virgin 1994-07
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

94年、1stソロ作品。Candy~Kill For Thrills~Guns N' Roses。その輝かしいまでの経歴により、多くの仲間が後押ししている。ガンズのメンバーは勿論、スキッドロウのドラマーや、ドッグス・ダムールのジョー・ドッグまで参加。これは彼の、親しみやすい人間性を裏付けるものであろう。一回りも二回りも大人になった彼が、惜しみなく、己の音楽観を貫いた作品である。

まず、彼のヴォーカリストとしての成長に目が行く。単純に楽曲が良いというのもあるが、様々な経験の元、深みを増し、実に伸びやかに歌っている。元々、彼の人間性は、自然体の印象を受けるし、バックが信頼できるメンバーというのは、大きな要素なのだろう。この作品は、スラッシュの、へヴィーなギターリフで幕を開けるが、このヘヴィーサウンドが、どこまでも続くと言うわけではない。本人曰く「ストーンズとビートルズの中間の音楽性」と言っていた通り、ビートルズにも通じる、ポップなメロディが随所に見られる。ポップと言っても、甘ったるいものではなく、上質感もあり、ソングライターとしての実力が感じられるものである。T5「Johanna's Chopper」、T6「Let's Get Lost」は、その良い例だろう。

これらは、曲を書き、フロントマンであったKFTの、延長線上であり、加えて、ブルースハープ、スライドギター、ピアノなどを多様している事でも分るが、ルーツである、オーソドックスなR&Rのテイストを、ふんだんに取り入れている作品である。ストーンズ「Dead Flower」、クラッシュ「Jail Guitar Doors」のカバーは、センスの良さが表れているが、この2曲を聴く限り、彼はやはり、ポップ(軽い)である。

個人的にだが、「Dead Flower」の、アクセルのコーラス。あれは、全てを台無しにしている。彼が、ガンズを脱退する事になるのは、時間の問題であったのだろう・・(注:筆者は断じて、アクセル嫌いではない)。

01. Cure Me...Or Kill Me...
02. Black
03. Tijuana Jail
04. Skin & Bones
05. Johanna's Chopper
06. Let's Get Lost
07. Pawn Shop Guitars
08. Dead Flowers
09. Jail Guitar Doors
10. Hunting Dogs
11. Shut Up

2007.03.18 
KILLFORTHRILLS.jpg

Kill For Thrills/Dynamite From Nightmareland

vo,r-guitar:Gilby Clarke
l-guitar:Jason Nesmith
bass:Todd Muscat
drums:David Scott

90年作品。アイドルバンド、"Candy"でギターを弾いていた、ギルビー・クラークが中心となり結成される。ジェイソン・ネスミスは、モンキーズのマイク・ネスミスの息子であり、トッド・マスカットは、ファスタープッシーキャットのブレント・マスカットの弟である。メンバーが、何かと名のあるものが集まったこともあり、注目を集めた。しかし、ご存知の通り、2年後にギルビーはガンズに加入することとなる。

ストーンズ、ビートルズに影響を受けた、(と言う)ギルビーが立ち上げたこのバンドは、特に際立つものがない、中途半端なB級ロック・バンドの印象が強い。間違っても、"ゴキゲンなR&R"や"ストーンズっぽい"等と言うには気が引けてしまう。しかし、そのポップなセンスが垣間見れる「Rockets」の様な、ソフトな楽曲は、"おそらく"良いもので、ポテンシャルの高さを、感じない事もない。ただ、ギルビーの歌声が、典型的な「ギタリストの歌」というパッとしない歌声の為、ダイレクトに伝わってこないというものである。それは"ルーズ"や"チープ"と言うものではなく、華がない、又は、カリスマ性に欠けると言ったものだと感じている。

その後のギルビーを見ても分るが、彼はどちらかというと優等生である。その気質は、ガンズが持つ、"破壊的で危うい"ではなく、"人の良さ"というものだ。それがサウンドにも良く表れていて、音造りは、それなりの個性を発揮し、各パートは聴き応え十分である。ギターは勿論だが、リズムも凝ったものが多く、曲をバリエーション豊かにしている。新人らしからぬ(全くの新人ではないが)完成度の高さは、FPCなどを手がけた、"リック・ブラウド"の、プローデュースによるところが大きいだろう。

ライブなどでは、その真価が発揮されたバンドであったかも知れない。だがギルビーは、陽の目を見た事で、その真価を証明することが出来たのは、幸いである。

01. Motorcycle Cowboys
02. Commercial Suicide
03. Brother's Eyes
04. Paisley Killers
05. Something for the Suffering
06. Rockets
07. Wedding Flowers
08. Ghosts and Monsters
09. My Addiction
10. Misery Pills
11. Silver Bullets

2007.03.17 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。