上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
Razorblade SuitcaseRazorblade Suitcase
Bush

Trauma/Interscope 1996-11-19
売り上げランキング : 456781

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

1996年、2nd。主だったサウンドの変化よりも、自身の精神性の変化が如実に現れている感覚を覚える。前作が500万枚を超えるセールスを記録したこと、プロデュースにニルヴァーナの「In Utero」を手掛けたスティーヴ・アルビニを起用したことでもそれは推測できるが、ニルヴァーナがそうだったように、大きな成功、もしくはメインストリームへのかすかな抵抗だったのでは?と深読みしたくなるのも無理ないか。ただ、ニルヴァーナ・フリークであることと、その非凡なソングライティング・センスは無関係とまでは言わなくても否定できるものではなく、「Swallowed」などに見られる陰影を持ちつつキャッチーなメロディが彼らの醍醐味であったことを思えば、それらが深いところへ響くヴォーカル、ギャビン・ロスデイルの叫びは前作以上に悲痛で、もの悲しいものだ。全体としてミディアム・スローの楽曲が多い気もするが重低音のグランジサウンドは顕在だし、いい曲を書くバンドではある。

01. Personal Holloway
02. Greedy Fly
03. Swallowed
04. Insect Kin
05. Cold Contagious
06. Tendencey to Start Fires
07. Mouth
08. Straight No Chaser
09. History
10. Synapse
11. Communicator
12. Bonedriven
13. Distant Voices
スポンサーサイト

2008.01.28 
friend or foe?friend or foe?
ブラックメイル

インペリアルレコード 2004-06-23
売り上げランキング : 162041
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

04年サマーソニック出演をきっかけに日本デビューを果たしたドイツ出身の4人組。 本国では10年という長いキャリアもあり、それに裏打ちされた成熟したバンドサウンドの賜物が本作、ということになるか。オルタナティブの極みともいうべき無気力、無抵抗なヴォーカルのクールなことといったらなく、それでいて、いつの間にか冷めていた感情を刺激してくれるようでもあり、マイナーキー主体の、ドラマティックに展開していく楽曲を彩るノイズのようなギター、そして切れ味抜群のリズム隊が生み出す、鋭いナイフを隠し持ったかのようなスリリングなグルーブの心地良さ。速効性もあり中毒性もある贅沢な一枚。是非!

01. Airdrop
02. Evon
03. It could be yours
04. On the tightrope
05. Foe
06. Su nday Sister
07. Fast Summer
08. Leave
09. Nobody's Home
10. Dive
11. All mine
12. Friend
13. Love Like Blood : Killing Joke cover
14. Arcese

2008.01.25 
ホワットエヴァー・ピープル・セイ・アイ・アム、ザッツ・ホワット・アイム・ノットWhat Ever People Say I Am,That's What I'M Not
アークティック・モンキーズ

Domino/Hostess 2006-01-25
売り上げランキング : 10810

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2006年、平均年齢18歳の4ピースロックバンド、デビュー作。
ストーン・ローゼス~オアシス。そして彼らが引き継いだUKの未来が、"オジサンには分かるまい"であるのは世の常として、ガレージ仕込みの無垢なサウンド、パンクのごとき前のめりにアプローチする様、ヴォーカルの言葉数の多さと、唸るベースとドラム。メロディではなく、単にリズムが楽曲、そしてバンドを牽引する演奏力に、これだけ叩ければ(弾ければ)楽しいだろうなと思う反面、ロックってのは若者の為の音楽だな、と嘆いたりしてみる。だが、たかがロック。そんなオジサンでも引っ掛かったのが「Fake Tales Of San Francisco」。これはホント、クール。

01. The View From The Afternoon
02. I Bet You Look Good On The Dancefloor
03. Fake Tales Of San Francisco
04. Dancing Shoes
05. You Probably Couldn't See The Lights But You Were Looking Straight At Me
06. Still Take You Home
07. Riot Van
08. Red Light Indicates The Doors Are Secure
09. Mardy Bum
10. Perhaps Vampires Is A Bit Strong But...
11. When The Sun Goes Down
12. From The Ritz To The Rubble
13. A Certain Romance

2008.01.23 
NightcrawlerNightcrawler
Pete Yorn

Sony 2006-08-29
売り上げランキング : 127710


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

1st"Morning"、2nd"Day"、そして本作では"Night"。自ら音楽的三部作と題打った完結作。ニュージャージー出身のシンガーソングライターとしてブルース・スプリングスティーンが引き合いに出されるほどの実力派だが、ルーツミュージックを基盤としたアーシーなサウンドとノスタルジックなメロディ。浸透性のある、その鼻にかかった歌声からも、今やアメリカンロックの王道を直走るパール・ジャム(というかエディ・ヴェーダー)を彷彿とさせる。映画スパイダーマンに提供した「Undercover」、デイヴ・グロール(Foo Fighters)がドラムで参加した「For Us」などに見られる、よりロック的な側面に今後期待したい。

01. Vampyre
02. For Us
03. Undercover
04. Policies
05. The Man
06. Maybe I'm Right
07. Same Thing
08. Alive
09. Splendid Isolation
10. Broken Bottle
11. How Do You Go On
12. Ice Age
13. Georgie Boy
14. Bandstand In The Sky

2008.01.21 
How to Dismantle an Atomic BombHow to Dismantle an Atomic Bomb
U2

Interscope Records 2004-11-23
売り上げランキング : 30206

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2004年、通算11枚目。既にポピュラーミュージックシーンになくてはならない存在としてトップに君臨するU2の残された道は、単に優れた曲を書くということだけではないとは思う。だからこそ「Vertigo」のその若々しさに満ち溢れたエネルギーが、ベテランロックバンドの今だというのは嬉しい限りだし、そのテンションを保ちながら全11曲を疾走する様は痛快の一言。U2は誰のものでもなく"みんなのもの"とする共通意識の中、バラエティー豊かで、気負いもない。これまでもそうだし、これからも、決して守りに入ることなく己のロック道を邁進するU2の今後に期待せずにはいられない。好盤!

01. Vertigo
02. Miracle Drug
03. Sometimes You Can't Make It on Your Own
04. Love and Peace or Else
05. City of Blinding Lights
06. All Because of You
07. A Man and a Woman
08. Crumbs from Your Table
09. One Step Closer
10. Original of the Species
11. Yahweh

2008.01.16 
Best of 1990-2000(初回限定盤)Best of 1990-2000(初回限定盤)
U2

ユニバーサルミュージック 2002-10-30
売り上げランキング : 34516

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

デビューから今の今まで、U2をかっちょいい~!と感じたことは一度もない。だが、単に売上では計れないモンスターバンドの偉大さは、聴けば聴くほど味わい深い楽曲と、革新的なサウンドで明らかで、「1980-1990」に続き年代毎のベストを作品にできるのは"奇跡のバンドU2"をおいて他にいない。U2の90年代。それはある意味、近寄りがたかった彼らを身近に感じることのできた10年だったか。ダンスビートやテクノといったエレクトリック・ミュージックを前面に打ち出したとはいえ、不動のメンバー4人の強い思いは、改めてギターロックの可能性を感じずにはいられなかったし、その意味でも、"ジ・エッジ"の重要性を思い知ることのできる作品であると思う。

01. Even Better Than The Real Thing
02. Mysterious Ways
03. Beautiful Day
04. Electrical Storm (William Orbit Mix)
05. One
06. Miss Sarajevo
07. Stay (Faraway, So Close!)
08. Stuck In A Moment You Can't Get Out Of
09. Gone (new mix)
10. Until The End Of The World
11. The Hands That Built America
12. Discotheque (new mix)
13. Hold Me, Thrill Me, Kiss Me, Kill Me
14. Staring At The Sun (new mix)
15. Numb (new mix)
16. The First Time
17. The Fly

2008.01.14 
The Best of 1980-1990The Best of 1980-1990
U2

Island 1998-11-10
売り上げランキング : 950

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「Pride」のイントロで味わった耳を劈くほどのギター音は、今でも鮮明に記憶をたどり、聴いた後に残る信じがたい興奮を忘れたりはできないでいる。孤高のシンガー、ボノが放つオーラはどこか神懸かり、その余韻は、ある種、宗教的な道徳観を生んでいた。アイルランドの魂が織りなす、とても素朴で真っ直ぐ、そして大真面目なロックは、どこか近寄りがたい存在であったはずなのに、いつもそこに彼らはいて、その糞真面目なロックは、いつも"本当のこと"であっただけだった。
80年代をリアルタイムで通過した者にとってのU2。その答えが、ここにはある。無論、それがノスタルジーなんかじゃないことは言うまでもないが。

01. Pride (In The Name Of Love)
02. New Year's Day
03. With Or Without You
04. I Still Haven't Found What I'm Looking For
05. Sunday Bloody Sunday
06. Bad
07. Where The Streets Have No Name
08. I Will Follow
09. Unforgettable Fire
10. Sweetest Thing
11. Desire
12. When Love Comes To Town
13. Angel Of Harlem
14. All I Want Is You

2008.01.14 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。