上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
ss (8).gifがんじがらめ
ストリート・スライダーズ

ERJ 1995-04-01
売り上げランキング : 137870


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

最近、ワイノーズの「Main Offender」をずっと聴いている。キースの自伝「Life]が発売されたことや、この陽気も手伝ってとびきりイカしたビートが欲しくなったから。で、先週末、自伝を買いに行こうかと迷った挙句辞めるんだけど(何れ買うだろうけど)、それがスライダース、ハリーの「Life」だとしたら迷うことはしなかったと思う。オレにとってハリーは、その半生を覗いてみたいと思う唯一の人物だからだ。

「がんじがらめ」。元々ストックしていた曲で構成され、デビュー作からわずか9ヶ月というスパンでリリースされた83年、2nd。ストーンズ、T.REXをはじめとする70年代英国ロックのエッセンスをふんだんに取り入れ、それらを純和風に消化させた横乗りロックン・ロールは、まさしく初期衝動の塊であり、スライダースが最もスライダースであった作品と言える。ハリーのカリスマ性はもとより、そのハリーとタメはれる他のメンバーの存在も奇跡でしかなく、これを世に出したレーベル、当時これを支持したリスナーにも、最大級の賛辞を贈りたい。ただ思う。しきりに「踊ろうぜ?」と煽る彼らに、オレなら何もできなかったろうな・・と(;^ω^)

01. Toa-Lit-Tone(踊ろよベイビー)
02. So Heavy
03. (Nobody Can)Catch Me
04. とりあえずDance
05. 道化者の憂鬱
06. Tokyo Shuffle
07. 鉛の夜
08. Dancin' Doll
09. マンネリBoggie
10. Slider
関連記事

2011.05.17 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。