上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
コブラの悩みコブラの悩み
RCサクセション

EMIミュージック・ジャパン 1998-12-09
売り上げランキング : 196874

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

命日である今月2日に発売されたRCのDVDがよく売れているらしい。3.11以降の忌野清志郎待望論は確かにあり、その実は替え歌で応戦する某シンガーソングライターとか、伝説のバンド復活?とか、石巻は「ロックンロールだ」と言い張る大御所とか、どれもなんだか良くわからない。だからこそのキヨシロー。個人的には、反核、反戦を直接的に示した「Covers」より、音楽的な素晴らしさのある、この「コブラの悩み」を聴くことが多い。

本作は、その「Covers」騒動のさなか行われた日比谷野音のライブだが、闘争相手である東芝を揶揄したり、歌詞の一部を無理やり変える等、若干の騒々しさはあるものの、「あきれて物も言えない」をはじめとする、社会との摩擦や弊害から生みだされた"ロックする"音楽は、これでもかってくらいのリアリティを持ち聴き手に迫ってくる。これらは何もこの日の為に揃えたってわけじゃない。彼らはずっとそうだった。それがRCたる所以であり、彼らの長い戦いの証としても興味深い作品だと思う。

01. アイ・シャル・ビー・リリースト
02. 言論の自由
03. CALL ME
04. ヘルプ!
05. 明日なき世界
06. からすの赤ちゃん
07. 軽薄なジャーナリスト
08. 心配させないで…
09. パラダイス
10. 俺は電気
11. あきれて物も言えない
12. 君はLOVE ME TENDERを聴いたか?(スペシャルショートVer.)
関連記事

2011.05.14 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。