上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
Rodeo Tandem Beat SpecterRodeo Tandem Beat Specter
ミッシェル・ガン・エレファント

日本コロムビア 2009-03-18
売り上げランキング : 38240

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

01年、6th。ロデオ(荒馬)・タンデム(二人乗り)・ビートスペクター(ビートの亡霊)。
メロディではなく、ビートに任せた「シトロエンの孤独」。パーティーの終わりを告げた「暴かれた世界」。そして「世界の終わり」、「ドロップ」に続く第三の哀愁系ロックンロールの傑作「赤毛のケリー」。これらに代表される、チバユウスケのこれまたビートの効いたフレーズがやけに感傷的な気分を誘い、暴れそうな感性を抑えながらもどこまでもクールに突き進む様はもはや感動でしかない。いつの時であったか既に辿りついてしまった彼らの作業とは、内側を掘り続けることであっただろうし、ある意味手狭になった音楽性なる荷物すら取り払い自らを押し上げるその様もまた感動で、とてつもない熱量を発してきた彼らが見せたごく平均的な体温であるが故泣けてくるのだ。

本作の余韻が与える物語の終焉。4人が見たのもの。「モノクロームの大地」、そして「凍てつく海」。ミッシェルガン・エレファントというロックン・ロールにぶんなぐられた傷痕は、今もその痛みを忘れないでいる。

01. シトロエンの孤独
02. Alligator Night
03. 暴かれた世界
04. God Jazz Time
05. Baby Stardust
06. Rita
07. Beat Specter Buchanan
08. Turkey
09. ブレーキはずれた俺の心臓
10. Margaret
11. Bird Land Cindy
12. Beat Specter Garcia
13. 赤毛のケリー
関連記事

2011.05.28 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。