上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
Diamond Dogs/Honked! The Album 1994
are:
Currey - vocal
Anders Lindstorm - lead guitar
Kent Axen - rhythm guitar
K. Marcus - bass
Fredric Lundbergh - drums
Honk - piano & organ


スウェーデン産ロックバンド、Diamond Dogs、1994年フルレングスの1st(多分)。後にヘラコでキーボードを弾くことになるボバ・フェットことリードギターのAnders LindströmとVo.Suloが中心となり結成。一度解体するも、2000年に再始動しその名を馳せることとなる。ラストを飾る「無情の世界」のカバーでお分りでしょうが、ストーンズ、フェイシズ直系というべきブギーなロックスタイルを持ち味としており、時代とそぐわなくともその心意気たるやパブロック界のAC/DC!? 大きく変化しようのない音楽性こそ魅力のバンド、じゃないかとw ただわからんのはVo.Curreyなるクレジット。お詳しい方ご教示くださいませm(__)m

1. Honked!
2. Please, Please, Please
3. Good Time Girl
4. ...Blue Eyes Shouldn't Be Cryin'
5. Lovestoned Again
6. Evil Inside
7. Black as Sin
8. It's Gonna Be Alright
9. Higher Up
10. You Can't Always Get What You Want (Jagger & Richards)

You Can't Always Get What You Want
関連記事

2012.04.01 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。