上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
Flagrantly, Electrically, ...Flagrantly, Electrically, ...
Tyla & Spike

Tyla- guitars, vocals
Spike- vocals
Simon Hanson- drums
Henry Twinch- keyboards
Robb McKibbin- bass
Yella- backing vocals

イギリスが生んだ生粋のロケンローバンド、ドッグス・ダムールとクワイアーボーイズのシンガー、タイラとスパイクによる夢のコラボレーション。本作は96年に発売された作品に、(同曲の)アコースティックバージョンを追加し2枚組みとして再発されたもの。
タイラとスパイク。二人のしわがれ声から大凡の想像はつくだろう。予め断っておくと、ケミストリーなんてものはない。タイラのソロにスパイクが乗っかっただけのいつも通りのスタンス。ただ、なまじか1+1を3にしようなんて意図は見えないほうがいいし、どうせ二人ともこうにしか出来ない(笑)。スパイクの、果てしなく続く一本調子のヴォーカルだって・・慣れればどうってことない(苦笑)。まあ、あくまでも雰囲気だ。単純に、クラブの片隅で鳴らされる音楽とするなら、これほど上等のつまみもない。Electricサイドの"ギタリスト・タイラ"にも注目。

Disc 1 (Acoustic)
01. Intro (The Making of)
02. Maybe Tomorrow
03. Failure
04. Know
05. How Long
06. Villain's Price
07. King
08. Darlings of the Night
09. Possessed
10. Cost of Loving
11. Believe
12. Lost in a Crowd of One

Disc 2 (Electric)
13. Believe
14. Starbucks
15. Lost in a Crowd of One
16. Failure
17. Possessed
18. Cost of Loving
19. Know
20. King
21. Vilain's Price
22. How Long
23. Maybe Tomorrow
24. Darlings of the Night
25. Possessed II
関連記事

2007.10.08 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。