上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
DRAGON HIGHDRAGON HIGH
THE EASY WALKERS

MOON SHAINE
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ようこそ、流賀良志彦劇場へ。
「Soul For Sale」を最後にメジャー契約が切れ、インディーズからの出直しを図った彼ら。この時点(97年)で一人抜け4人編成となるが、上記した通り、流賀の世界観だけで押し進められる本作は、ユニークとも、独創的とも、半分ジョークとも取れ、良くも悪くもB級の色合いが強い。
それまでにはないハードなロックン・ロールから、昭和の香り漂う歌謡曲のようなものまで、多種多彩な楽曲。中でも、当時の心情、バンド内の空気が伝わってくるような「Loveshine」はよく出来たバラードで、「時間は移ろいやすく 季節のように変える 心さえも」という言葉が印象的だ。後半の「ワルツ」~「楽しませてくれ」は、タイトルからして流賀ワールドが炸裂。彼の振り幅の大きさを感じさせてくれるが、ここだけで評価できるものでもなく、彼のキャリア全体を思えばこそ、味わい深くなるというものだ。しかしながら、メンバーには受け入れられなかったようで、本作後、オリジナルメンバーは流賀だけになる。彼のオリジナリティは、この後も進化を遂げることとなり、傑作とはいい難いが、押さえておきたい作品である。
余談:中山加奈子(g)が参加している(らしい)。

01. MOTHER CONCRETE
02. KISS ME PLEASE
03. Loveshine
04. MARMALADE JAM
05. PARADISE ALLEY
06. ワルツ
07. 危険な関係
08. シャム猫・ジュ・テーム
09. 楽しませてくれ
関連記事

2007.09.23 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。